花粉症などのアレルギーで悩む方に朗報です

花粉症はアレルギー性鼻炎に分類されます。薬の服用や手術など行わなくても花粉症をはじめとするアレルギー性鼻炎を緩和できます。

アレルギー性鼻炎

 

下記記事は、上記動画を書き起こしたものです。
ご一読下さい。

 

アレルギー性鼻炎は、イエダニやカビ、花粉などを鼻から吸入した際に、これらが抗原となり鼻の粘膜の抗体とアレルギー反応を起こすことが原因です。

 

鼻の粘膜は、イエダニやカビ、花粉などの抗原に対して、徐々に抗体を発生させますが、抗原を吸い込み続けると、抗原と抗体が結びつき鼻の粘膜の肥満細胞中にヒスタミンという刺激物質を発生させます。

 

ヒスタミンが神経や血管を刺激し、くしゃみ、鼻水、鼻づまりといった症状を引き起こします。

 

 

f:id:hiroshi999999999:20170526010217p:plain

ところで、「ナリルチン」は主に柑橘類に多く含まれるフラボノイドで、アレルギーに対する鎮静作用があります。

 

ナリルチンのアレルギー鎮静作用(抑制効果)をご説明いたします。

たとえば、目や鼻の粘膜部分に多く含まれる肥満細胞は、イエダニやカビ、花粉などの侵入に対抗しようと炎症物質(ヒスタミン)を体内で放出します。
これが、鼻水、くしゃみ、鼻づまり、鼻・目・顔などのかゆみ・涙目・充血など、代表的なアレルギーの症状に繋がります。
これを、脱顆粒現象と言います。

 

この現象が起きると、鼻はムズムズ・ズルズル、目はショボショボ腫れぼったく、まぶたや顔はヒリヒリ・ピリピリ・・・ と言った状態になります。

 

このとき、ナリルチンがこの脱顆粒現象に働きかけて鎮めてくれるわけです。

 

なお、ナリルチンはヒスタミンを放出する肥満細胞の炎症を鎮めてくれるのですが、例えば花粉症薬としてよく用いられている抗ヒスタミン薬は、放出されたヒスタミンを抑制することによりアレルギーの症状を抑えようとします。
すると、本来必要な脳内ヒスタミンの活動までも停止させてしまい、眠気や集中力の低下をおこします。

 

「じゃばら」は、柑橘類の中でも突出してこのナリルチンを多く含むことが判っています。

f:id:hiroshi999999999:20170811125830p:plain

(出典 北山村産のじゃばらサプリ公式サイト)

 

したがって、アレルギーに対する鎮静作用があるナリルチンを多量に含む「じゃばら」は、アレルギー性鼻炎ばかりではなく、気管支喘息、蕁麻疹(じんましん)、アトピー性皮膚炎などのⅠ型アレルギーに特に有効と考えられます。
 

【くしゃみとおじゃらば】の詳細は、公式ページでご確認ください↓↓↓

くしゃみとおじゃらば

 

japanese-chess.tokyo

 

ブロトピ:今日のブログ更新

ブロトピ:ブロトピ投稿でアクセスアップ?

ブロトピ:ブログ更新通知

ブロトピ:アクセスアップのお手伝い!ブロサーあんてなにあなたも入会してみないか!

ブロトピ:今日の健康・医療情報