花粉症などのアレルギーで悩む方に朗報です

花粉症はアレルギー性鼻炎に分類されます。薬の服用や手術など行わなくても花粉症をはじめとするアレルギー性鼻炎を緩和できます。

「じゃばら」は花粉症などのアレルギーを緩和します

アレルギーは、免疫が特定の抗原に対して過剰に反応することで起こります。

免疫反応は、外来の異物(抗原)を排除するために働く不可欠な生理機能です。

アレルギーが起こる原因は様々で、生活環境のほか、抗原に対する過剰な曝露、遺伝などが考えられます。

なお、アレルギーを引き起こす抗原のことを、アレルゲンと言います。
例えば、ハウスダスト、ダニ、花粉、米、小麦、酵母、ゼラチンなど、実に様々なものがアレルゲンとなります。

f:id:hiroshi999999999:20170526010217p:plain

ところで、ナリルチンは主に柑橘類に多く含まれるフラボノイドで、アレルギーに対する鎮静作用があります。

 

ナリルチンのアレルギー鎮静作用(抑制効果)をご説明いたします。
例えば、目や鼻の粘膜部分に多く含まれる肥満細胞は、花粉の侵入に対抗しようと炎症物質(ヒスタミン)を体内で放出します。
これが、鼻水、くしゃみ、鼻づまり、鼻・目・顔などのかゆみ・涙目・充血など、代表的な花粉症の症状に繋がります。
これを、脱顆粒現象と言います。

この現象が起きると、鼻はムズムズ・ズルズル、目はショボショボ腫れぼったく、まぶたや顔はヒリヒリ・ピリピリ・・・ と言った状態になります。

このとき、ナリルチンがこの脱顆粒現象に働きかけて鎮めてくれるわけです。

なお、ナリルチンはヒスタミンを放出する肥満細胞の炎症を鎮めてくれるのですが、花粉症薬としてよく用いられている抗ヒスタミン薬は、放出されたヒスタミンを抑制することにより花粉症の症状を抑えようとします。
すると、本来必要な脳内ヒスタミンの活動までも停止させてしまい、眠気や集中力の低下をおこします。

 

「じゃばら」は、柑橘類の中でも突出してこのナリルチンを多く含むことが判っています。

f:id:hiroshi999999999:20170811125830p:plain

(出典 北山村産のじゃばらサプリ公式サイト)

 

したがって、アレルギーに対する鎮静作用があるナリルチンを多量に含む「じゃばら」は、アレルギー性鼻炎(花粉症を含む)ばかりではなく、気管支喘息、蕁麻疹(じんましん)、アトピー性皮膚炎などのⅠ型アレルギーに特に有効と考えられます。
(参照:アレルギーの種類)

 

すなわち、「じゃばら」をたっぷりと配合した【くしゃみとおじゃらば】によれば、アレルギーのつらいくしゃみ、痒み等を緩和させるとともに、乳酸菌を取り入れたことで腸内環境を整え免疫力を向上させ、アレルギーに負けない丈夫な身体を作ることができます。

 

【くしゃみとおじゃらば】の詳細は、公式ページでご確認ください↓↓↓

くしゃみとおじゃらば

 

くしゃみとおじゃらばの詳細記事↓↓↓

  1. くしゃみとおじゃらば
  2. 「じゃばら」と「EC-12」を多量に配合!
  3. 甜茶・カテキン・シソエキスも配合
  4. 甜茶エキスは花粉症に有効です
  5. 「シソエキス」は花粉症に有効です
  6. 緑茶のカテキンは花粉症に有効です
  7. 今!大ブームとなっている「じゃばら」の歴史

ブロトピ:今日のブログ更新

ブロトピ:ブロトピ投稿でアクセスアップ?

ブロトピ:ブログ更新通知

ブロトピ:アクセスアップのお手伝い!ブロサーあんてなにあなたも入会してみないか!

ブロトピ:今日の健康・医療情報