花粉症などのアレルギーで悩む方に朗報です

花粉症はアレルギー性鼻炎に分類されます。薬の服用や手術など行わなくても花粉症をはじめとするアレルギー性鼻炎を緩和できます。

アレルギー性鼻炎の解決策

私たちの体は、鼻から吸い込んだものが有害だと判断すると、くしゃみで排出し、鼻水で洗い流し、鼻づまりを起こして奥に入らないようにします。
これらは防御反応であり、本来はとてもありがたい反応なのです。
ところが、この防御反応が激しすぎると、さほど有害でないものに対しても強く反応し、自分自身を苦しめます。
これが、アレルギー性鼻炎(花粉症を含む)です。
なお、アレルギー性鼻炎は体質的な病気であり、基本的には薬では治りません。

 

f:id:hiroshi999999999:20170526010217p:plain

例えば、ほこりやスギ花粉などの抗原が鼻の粘膜に付着すると、その抗原だけに反応するIgE抗体という物質が作られます。
このIgE抗体が肥満細胞などのアレルギーを起こす細胞の表面に結合し、つぎに抗原が侵入したとき抗原抗体反応が起こり、ヒスタミン・ロイコトリエンといった種々の化学伝達物質を放出します。

これらの化学伝達物質は直接血管に作用し血管を拡張させ鼻づまりを起こし、粘膜に分布する知覚神経に作用します。
知覚神経に伝わった刺激は中枢(脳)を介して迷走神経を興奮させることによってくしゃみを引き起こし、分泌神経を興奮させて鼻の粘膜に存在する鼻腺に作用し鼻水を出します。

f:id:hiroshi999999999:20170526010038p:plain

 

アレルギー性鼻炎とその症状

アレルギー性鼻炎
抗原が鼻の入り口に付着するとアレルギー反応によって白く腫れあがって鼻づまりをおこします。
この鼻づまりが、くしゃみ、鼻水を引き起こします。

アレルギー性鼻炎の症状
① ほこり・ダニなどの通年性アレルギーでは、発作性のくしゃみ・鼻水・鼻づまりが一般的な症状です。
② 花粉症では、さらに目、耳、のどのかゆみや、皮膚があれる、頭が重いといった症状があらわれることがあります。
③ かぜでは、発熱、筋肉痛、関節痛などの症状を伴います。

 

アレルギー性鼻炎の薬物療法

① 最も一般的に使用されているのは、抗ヒスタミン薬(抗アレルギー薬)です
抗ヒスタミン薬の場合は、長期投与の安全性は一応確認されています。
ただ、効果があらわれるのに1週間くらいかかることがあります。
また、眠気、集中力の低下、のどの渇きなどの副作用があらわれることもあります。
② 血管収縮剤を使用する場合もあります
これは、多くの市販の点鼻薬に含まれている成分です。
速効性があり鼻づまりに対して一応の効果がありますが、長期間使うと効き目が少なくなり、効果の持続時間も短くなります。
③ ステロイド点鼻薬というものもあります
効果が強く、効き目が早いといった特徴があります。
副作用はほとんどないとの見解もありますが、個人的には好きではありません。

 

手術療法
代表的な手術治療として、レーザー手術などの粘膜を焼く手術(炭酸ガスレーザーやアルゴン凝固術)があります。

f:id:hiroshi999999999:20170526005605p:plain

対処療法は病気を悪化させる
しかしながら、上記記事↑↑↑でも説明されているとおり、アレルギー性鼻炎の対処療法は症状を悪化させてしまう場合もあります。
(⇒対処療法は病気を悪化させる)

花粉症などのアレルギー性鼻炎対策に大変有効なものとして、「くしゃみとおじゃらば」を紹介させていただきます。

従来、花粉症を緩和してくれる「食べ物」は数多く紹介されております。
これらの食べ物のいくつかは、なるほど花粉症をいくらかは緩和してくれます。

しかしながら、「毎日多量に食べなくてはならない」、「不味くて食べる気になれない」、「高価なので購入を躊躇う」などの不都合がありました。

【くしゃみとおじゃらば】は、高配合の「じゃばら」で花粉症を緩和してくれるサプリメントです。
「じゃばら」は、医師が処方する「抗ヒスタミン剤」と同等の作用がありながら、「天然の果汁」であるため副作用がありません。
さらに免疫力を向上させる乳酸菌(EC-12)が配合されているので、Wパワーでアレルギー性鼻炎を緩和することができるのです。

すなわち、【くしゃみとおじゃらば】によれば、花粉症をはじめとするアレルギー性鼻炎のつらいくしゃみ、痒み等を「じゃばら」の力によって緩和させるとともに、乳酸菌を取り入れたことで腸内環境を整え免疫力を向上させ、アレルギーにも負けない丈夫な身体を作ることができるのです。

 

【くゃみとおじゃらば】の詳細は、公式ページでご確認ください↓↓↓

くしゃみとおじゃらば

 

アレルギー性鼻炎(通年性アレルギー性鼻炎)の発生のメカニズムは花粉症発生のメカニズムとほぼ同一です。
上記「くしゃみとおじゃらば」の公式ページにおいては、花粉症を中心に説明されておりますが、発生のメカニズムが同一ですから、その緩和方法も同一というわけです。

私の調査によれば、アレルギー性鼻炎対策用サプリメントがいくつか販売されております。
真っ先に眼に留まったのは、乳酸菌を主成分とするものです。
これは、間違いなく一応の効能があると思います。

しかしながら、「くしゃみとおじゃらば」のように、抗ヒスタミン剤と同様の働きをする成分を配合したものを見つけることはできませんでした。

抗ヒスタミン剤は薬局で販売されており、医師に処方してもらうこともできます。
しかしながら、上述のとおり「抗ヒスタミン剤」は「薬」でありますから、その摂取には充分な注意が必要です。

「くしゃみとおじゃらば」に配合されているのは「じゃばら」であり、天然由来の安全なものであるため眠気などの副作用もないのです。
「じゃばら」は医師から処方される薬(抗ヒスタミン剤)と同等の有効性を持つ「天然果汁」なのです。
しかも、乳酸菌を取り入れたことで腸内環境を整え免疫力を向上させ、アレルギーにも負けない丈夫な身体を作ることができるのです。

くしゃみとおじゃらばの詳細記事↓↓↓

  1. くしゃみとおじゃらば
  2. 「じゃばら」と「EC-12」を多量に配合!
  3. 甜茶・カテキン・シソエキスも配合
  4. 甜茶エキスは花粉症に有効です
  5. 「シソエキス」は花粉症に有効です
  6. 緑茶のカテキンは花粉症に有効です
  7. 今!大ブームとなっている「じゃばら」の歴史