花粉症などのアレルギーで悩む方に朗報です

花粉症はアレルギー性鼻炎に分類されます。薬の服用や手術など行わなくても花粉症をはじめとするアレルギー性鼻炎を緩和できます。

アレルギー性鼻炎(花粉症)のメカニズム

花粉症はスギやヒノキなどの花粉が原因となるアレルギー性の病気です。
どうして、花粉症が発症するのでしょうか?
そのとき、私たちの体の中でなにが起こっているのでしょうか?

 

① 私たちの体は、“花粉”という異物(アレルゲン)が侵入すると、 まず、それを受け入れるかどうかを考えます。 

② 排除すると判断した場合、体はこれと反応する物質をつくります。
これが、「IgE抗体」です。

③ 抗体ができた後は、再び花粉が体内にはいったとき、花粉は鼻や目の粘膜にある肥満細胞の表面にある抗体と結合します。

④ その結果、肥満細胞から化学物質(ヒスタミンなど)が分泌され、花粉をできる限り体外に放り出そうとします。

 

 

このメカニズムにより、くしゃみで吹き飛ばす、鼻水・涙で洗い流す、鼻づまりで中に入れないよう防御するなどの症状が出てくるわけです。

このメカニズム自体は、我々にとってとてもありがたいものなのです。

ただ、その症状、すなわち「くしゃみで吹き飛ばす、鼻水・涙で洗い流す、鼻づまり」が激しすぎると、大変不快です。

 

 

だから、過敏すぎるアレルギー反応を抑制することにより、アレルギーの症状を緩和すればよいのです。

そこで、アレルギー性鼻炎(花粉症)対策用サプリメントが登場するわけです。
私の調査した範囲内では、それらの多くは乳酸菌を主体とするサプリメントでした。
確かに、乳酸菌サプリは腸内環境を整え体質を改善してくれるかもしれません。

しかしながら、アレルギー反応を抑制できるようになるまでには、相当の時間を要すると思われます。

近年、花粉症などにおいては、抗ヒスタミン剤を利用する方が増えています。
第二世代抗ヒスタミン薬は、第一世代のものに比べ副作用が軽減されておりますが、効果が現れるまでに長時間を要する場合が多いようです。
また、いくら軽減されたとはいえ、副作用が全くないわけではありません。
さらに、ステロイドを含んでいるものもあり長期間の使用は危険で、使用を止めたとき使用開始以前よりも酷い状態になることがあります。

 

【くしゃみとおじゃらば】は、高配合の「じゃばら」で花粉症を緩和してくれるサプリメントです。
「じゃばら」は、医師が処方する「抗ヒスタミン剤」と同等の作用がありながら、「天然の果汁」であるため副作用がありません。
さらに免疫力を向上させる乳酸菌(EC-12)が配合されているので、Wパワーでアレルギー性鼻炎を緩和することができるのです。

すなわち、【くしゃみとおじゃらば】によれば、花粉症をはじめとするアレルギー性鼻炎のつらいくしゃみ、痒み等を「じゃばら」の力によって緩和させるとともに、乳酸菌を取り入れたことで腸内環境を整え免疫力を向上させ、アレルギーにも負けない丈夫な身体を作ることができるのです。

 

【くゃみとおじゃらば】の詳細は、公式ページでご確認ください↓↓↓

くしゃみとおじゃらば

 

アレルギー性鼻炎(通年性アレルギー性鼻炎)の発生のメカニズムは花粉症発生のメカニズムとほぼ同一です。
上記「くしゃみとおじゃらば」の公式ページにおいては、花粉症を中心に説明されておりますが、発生のメカニズムが同一ですから、その緩和方法も同一というわけです。

私の調査によれば、アレルギー性鼻炎対策用サプリメントがいくつか販売されております。
真っ先に眼に留まったのは、乳酸菌を主成分とするものです。
これは、間違いなく一応の効能があると思います。

しかしながら、「くしゃみとおじゃらば」のように、抗ヒスタミン剤と同様の働きをする成分を配合したものを見つけることはできませんでした。

抗ヒスタミン剤は薬局で販売されており、医師に処方してもらうこともできます。
しかしながら、上述のとおり「抗ヒスタミン剤」は「薬」でありますから、その摂取には充分な注意が必要です。

「くしゃみとおじゃらば」に配合されているのは「じゃばら」であり、天然由来の安全なものであるため眠気などの副作用もないのです。
「じゃばら」は医師から処方される薬(抗ヒスタミン剤)と同等の有効性を持つ「天然果汁」なのです。
しかも、乳酸菌を取り入れたことで腸内環境を整え免疫力を向上させ、アレルギーにも負けない丈夫な身体を作ることができるのです。

くしゃみとおじゃらばの詳細記事↓↓↓

  1. くしゃみとおじゃらば
  2. 「じゃばら」と「EC-12」を多量に配合!
  3. 甜茶・カテキン・シソエキスも配合
  4. 甜茶エキスは花粉症に有効です
  5. 「シソエキス」は花粉症に有効です
  6. 緑茶のカテキンは花粉症に有効です
  7. 今!大ブームとなっている「じゃばら」の歴史

 

 

 

ブロトピ:今日のブログ更新

ブロトピ:ブロトピ投稿でアクセスアップ?

ブロトピ:ブログ更新通知

ブロトピ:アクセスアップのお手伝い!ブロサーあんてなにあなたも入会してみないか!

ブロトピ:今日の健康・医療情報