花粉症などのアレルギーで悩む方に朗報です

花粉症はアレルギー性鼻炎に分類されます。薬の服用や手術など行わなくても花粉症をはじめとするアレルギー性鼻炎を緩和できます。

【辛すぎる】花粉症対策商品を大量購入レビュー!!!

 

大変参考になる動画なのですが、…
率直に言えば、花粉症を治してしまいたいですよね。

 

現在、日本人の約25%が花粉症だといわれています。
では、花粉症とはいったいどんな病気なのでしょうか?

 

花粉症とは、スギやヒノキなどの花粉が原因となって、くしゃみ・鼻水などのアレルギー症状を起こす病気です。
季節性アレルギー性鼻炎とも呼ばれています。

 

アレルギー性鼻炎は、原因物質(アレルゲン)の種類によって2つに分類されます。

 

1.季節性アレルギー性鼻炎(=花粉症)
原因となる花粉の飛ぶ季節にだけ症状があります。
日本では、約60種類の植物が花粉症を引き起こすと報告されています。

主なアレルゲン
スギ、ヒノキ、カモガヤ、オオアワガエリ、ブタクサ、シラカンバなど。

症状
鼻の三大症状(くしゃみ、鼻水、鼻づまり)だけでなく、目の症状(かゆみ、涙、充血など)を伴う場合が多く、その他にのどのかゆみ、皮膚のかゆみ、下痢、熱っぽい感じなどの症状が現れることがあります。


2.通年性アレルギー性鼻炎
アレルゲンが一年中あるので、症状も一年中あります。

主なアレルゲン
ダニ・家の中のちり(ハウスダストなど)・ゴキブリなどの昆虫、ペットの毛・フケなど。

 症状
喘息、アトピー性皮膚炎などを合併することがあります。

 

最近、通年性アレルギー性鼻炎と花粉症の両方に悩む人や、複数の花粉に反応する人も増えており、 ほぼ一年中くしゃみ・鼻水・鼻づまりや目のかゆみ・異物感に悩まされるという人も少なくありません。

 

f:id:hiroshi999999999:20170526010217p:plain

 

「サリルチン」は、ユズ、カボスといった香酸柑橘類だけでなく、グレープフルーツやみかんなど柑橘類全般に含まれていますが、とりわけジャバラに多く含まれています。

 

サリルチンに期待される効用
サリルチンには、花粉症やアレルギー性気管支喘息、アトピー性皮膚炎といった「I型アレルギー」に対する有効性が認められています。

「I型アレルギー」の仕組みは以下のとおりです
我々の体は、花粉などのアレルゲン(抗原)が体内に入った際にIgEというタイプの免疫グロブリン(抗体)を作ります。

すると、以後「抗原」に曝されると「抗体」が作られるようになります。

抗体は肥満細胞(マスト細胞)や好塩基球という白血球に結合し、そこに抗原が結合すると、これらの細胞がヒスタミン、セロトニンなどの生理活性物質を放出します。

これらの生理活性物質の作用によって、血管拡張や血管透過性亢進などが起こり、鼻水、くしゃみ、目や肌の痒みといった症状が現れます。

これらの生理活性物質による作用は「本来は我々には有益なのです」が、「過敏すぎると」不快な症状となるわけです。

ヒスタミン等の生理活性物質を放出することを「脱顆粒」と言いますが、ナリルチンは脱顆粒を抑制する作用があります。

 

「じゃばら」は、柑橘類の中でも突出してこのナリルチンを多く含むことが判っています。

 

f:id:hiroshi999999999:20170811125830p:plain

(出典 北山村産のじゃばらサプリ公式サイト)

 

したがって、アレルギーに対する鎮静作用があるナリルチンを多量に含む「じゃばら」は、アレルギー性鼻炎(花粉症を含む)ばかりではなく、気管支喘息、蕁麻疹(じんましん)、アトピー性皮膚炎などのⅠ型アレルギーに特に有効と考えられます。
 

すなわち、「じゃばら」をたっぷりと配合した【くしゃみとおじゃらば】によれば、アレルギーの辛いくしゃみ、痒み等を緩和させることができます。

 

【くしゃみとおじゃらば】の詳細は、公式ページでご確認ください↓↓↓

くしゃみとおじゃらば

 

ブロトピ:今日のブログ更新

ブロトピ:ブロトピ投稿でアクセスアップ?

ブロトピ:ブログ更新通知

ブロトピ:アクセスアップのお手伝い!ブロサーあんてなにあなたも入会してみないか!

ブロトピ:今日の健康・医療情報